SNSの内容には気をつける

就活ノウハウ

 

就職活動を行うにあたって SNS の内容には気をつけたいものです。

 SNS とは具体的には Twitter や Facebook Instagram を指します。 これらのSNSを 使ってる学生も多いでしょう。

 

中にはそのまま本名で使っている人や発言してる内容から本人が特定できるようなものはあるかもしれません。

 

  SNS では何をつぶやこうと本人の自由というところはありますが就職活動においては気をつけておかなければいけないものでもあります。 SNS の内容は全世界の人が誰でも見えてしまうということです。

 

うっかり学生のノリで発言したような内容が企業から見ると非常に良くない内容になっているということもあるかもしれません。

 

就職活動を始めるのでは SNS の発言について余計な内容は事前に全て削除しておくことをオススメしたいです。

 

学生のノリとは異なる

 

学生時代の SNS では適当にふざけた事を投稿したりすることもよくあると思います。また結構世の中のことについてきつい意見を書いてあるということもあるでしょう。

世の中でひどいことがあればこちらも悪口を一つぐらい入ってみたくなるものです。

 

また身の回りのこと学校で何があったということについても色々とかいたりすることはあります。

 

このノリのままで進めていくと就職活動においても何かあった際に一つ一つを投稿するということがあるかもしれません。

 

ですがその内容は企業側からも見れてしまいます。企業側から見て今日面接をした人が SNS を投稿していてその内容が悪口であった場合その人を採用したいと思うでしょうか。

 

また直接的な悪口はなくてもかなり微妙なこと話している場合、その人の性格が辞めてしまう性格の悪さが見てしまう場合など何かと問題になる可能性も出てきてしまいます。

 

学生にとってはふざけたことであったり日常のことについてついついつぶやいてしまったことであってもそれは企業から見ると問題となる行動である可能性もあるのです。

 

個人が特定されるような内容は避ける

 

 SNS で適当に呟いていたとしてもその内容を組み合わせると簡単に個人が特定できてしまうということもあるでしょう。今日どこどこに行ったって言ってないよーでもその時間帯とその中身を見るとだいたい特定できてしまうということもあるものです。

 

就職活動においては少なくとも自分が特定できるような内容を発信するべきではありません。本名であったりあだ名であったりと何か個人を特定しやすいようになっている場合そのアカウントでは就職活動に関することをつぶやくのはやめておきましょう。

 

誰から見てもその発言の内容はまともであり優れた内容というような優等生的な発言が続いているのであれば残しておいてもいいかもしれませんが少なくとも適当につぶやくようなアカウントで個人が特定できるようなものはやめるべきです。

 

就職活動についてつぶやくのであれば全く個人が特定できないようなアカウントを別に作った方がいいでしょう。ただそれでも基本的には余計なことはつぶやかないに越したことはありません。これくらいの内容であれば大丈夫だと思ってだんだんと気が緩んでうっかりそう内容が企業側に見られてしまっていうこともあるかもしれません。

 

最初から何も投稿しなければこういった問題が起こることも心配することもありません。就職活動を行うのにわざわざリスクとなるような行為をする必要性はどこにもありません。

 

最近は SNS が問題化している

 

最近は企業でも SNS の投稿に内容が問題となるようなことが増えてきてるように思います。特にアルバイトでアルバイト先の内容を暴露したりふざけている内容を暴露して炎上して取り返しがつかないことになるような事件が起きています。

 

当然企業側としてもこういった面を問題視して採用面接においても余計な事を投稿しない人物であるかということを確認してくるかもしれません。

 

就職活動の時は良くても過去に遡ると危険な発言をしているということは見つかるかもしれません。

 

このようなことが起こるリスクというのは考えると過去の予定な投稿は全て削除しておくことです。自分が未熟な時に投稿した内容において後でせっかく内定が決まるようなシーンになって余計なとこがあることを理由に内定が取り消しとなるようなことというのもないとは言えません。

 

就職活動の状況においても同じことです。誰かということが一見特定できないのことでも話をしている内容から面接官がこの間話した内容と全く同じ事呟いているということで持続可能性もないとは言えません。

 

こういう行動はリスクしかありません。もし SNS をやるのであれば本当にポジティブな内容しか残さない、誰から見られても何もおかしくなく見ていて不快感を抱く人は全くないというもの。余計な個人情報残さず、本人のアピールになるような内容以外は一切書かないということ、このように SNS の運用方針も変更していくべきでしょう。

 

社会人になってからも同じ

 

 SNS をやって行くと本当に自分の本音というのを書きたくなってきますが、そのような本音を書くのであればアカウントを分けて本人とは全く紐付きはないようなものを作るべきです。

 

本人名義であったり本人を特定できる内容を発信するようなアカウントで呟くということは常にリスクを伴うことになります。自分にとっては個人的なものであっても社会人が呟けはその会社の社員が呟いたということにもなるわけです。

 

その会社の社員が自分の働いてる会社は危ないということを話していたり中で進んでいる重要なプロジェクトの内容を暴露していたり社内の人間関係の悪さを暴露しているようなところであればその人はとても信頼できる人物と言えなくなってしまいます。

 

重要な暴露などはしていないとしても何か悪口を言っていたとしてもそれを見た人が不快な思いをするのであればそれは社会人として良くないこととなってしまいます。

 

 SNS を見ると結構ひどい使い方をしてる人たちがたくさんいますので自分もこのくらいなら大丈夫と思うかもしれませんが、特に就職活動の段階においては問題となることはあっても良いことはまずありません。

 

 SNS は失敗しやすい2の一つであり就職活動を行うにあたってはしっかりと過去を精査して余計なものを消すということ、そして今後の投稿に関しては社会人としてふさわしいものだけにすることというのを心がけるようにしてください。 

タイトルとURLをコピーしました