就活に向いていない人のための攻略法は?

自分は就活に向いていない。
就活なんてできない。
就活しても良い会社に就職できる気がしない。

就活に向いていないと考えている人は多くいるかと思います。
そういった人達はどのようにすればいいのでしょうか?

就活に関して抵抗があるという人

就活に関して抵抗があり、まず始めるのが遅れてしまっている。
対策ができていないという人がいます。

なんとなく就活モチベーションができていないという話です。
これは、

・将来を決めるのが怖い
・何をしていいかわからない
・就活に関しての実感がない

このようなことから始まっているのかなと思われます。
就活はこれまでの学校行事とは完全に別軸で行われるものになりますし、今まで学生の立場であったものが急に働くとなってもなかなか実感がわかないというのも無理もない話です。

抵抗があるというのはよくわかります。
ただいつまで経ってもやってみなければ何も始まりません。

始めてみて、それで合わないことがある、わからないことが出てきたということであればそのとき考えてみればいいことです。

実感がわかないのは全員が一緒であり、まずは手探りでやってみるしかありません。

就活に向いていない人なんていない

就活をするなんて自分には向いていない。
これも考えすぎであり、就活に向いていないなんて人はおそらくいないでしょう。

研究者になりたくて就職することが向いていないという人はもちろんいるかとは思いますが、そうではなくて働かなくてはいけないのに就活することが向いていないという話です。

今はそう思うかもしれませんが、みなさん社会人になって普通に働くことができています。そんなに特別な能力を持っているわけではない普通の人達も普通に就職して働けているのです。

就活は全員が初めて行うものになるので心配する必要はありません。
向いていないと思うのはやったことがないからそう思うのであり、慣れの問題というのは必ず出てきます。

最初は自己PR一つを話すのにも緊張しますし、相手がどう返してくるかわからないので冷や汗をかいたりもしますが、これが何度も同じことをやっていれば、そのときの状況に合わせて上手く話したり、日常会話と同じようなレベルで面接もできるようになっていきます。

大学時代までにどこまでのことを経験してきて、どのような能力を持っているかによって就活の成果は変わってくるのは事実ではありますが、全く何もできない、内定が全然取れないなんてことはありません。

どれだけ早くしっかりと対策して、数をこなすことができたかで勝負は決まってきます。

就活の攻略法はあるのか?

就活には何か攻略法のようなものがあって、その方法を使えば内定が取りやすくなる等のことはあるのでしょうか。

これは裏技があるわけではないが良い方法はやはりあります。
同じことをやっても内定が取れる人、取れない人がいます。

やり方によって結果の差は大きく出てくることになります。
就活は自分だけで行った場合、誰かにチェックしてもらえるわけではないので、ESに書く内容や面接で答えている内容が本当に内定を取るのに適しているのかどうかがわからないという問題があります。

明確な模範解答はありませんし、企業にとって必要な人材は異なりますので難しいですが、明らかにこの内容だと、他の学生と比べてよくないというようなものはあります。

このような就活に対しての自分の内容を改善できるような状況を作っていくのが大事だということです。
自分自身でも複数の会社を受けているうちに、相手側の反応を見て上手く改善できていくという人もいれば、そうではなくずっと同じ内容で落ち続けてしまうという人もいます。

就活に関しての情報が不足している人もいます。
就活のサポート環境をどれだけ上手く作れるのかということが結果が変わってくるのかもしれません。

自己PRと志望動機をどこまで作れるのか

自己PRと志望動機、この2つが就活のメインの内容となっていきます。
ESや面接で細かいことを聞かれても、結局はこの2つの掘り起こしと価値観の確認であり、徹底的にこの2つを磨いておくことが勝ち抜く秘訣です。

この2つの書き方についても学生側が良いと思っているものと企業側が良いと思っていることには大きな乖離があることもあります。

同じ経験をしていても書き方、言い方によって相手に伝わる印象が大きく変わるということもありますし、テクニックによって大きく改善できる可能性もあります。

また志望動機は業界研究・企業研究をやればやるほど深いものができてくるものになりますし、就活の時期になってからでも十分に改善していけます。

内定が決まらないという場合、面接の態度であったりさまざまな要素はありますが、根本的な内容が浅く、まだまだ改善のしようがあるものも多いということです。

特別な経験をしていなくてもいいのか?

特別な経験をしていて、何か他の学生よりも有利なものを持っていないと内定は取れないのか?

内定がなかなか取れないとそのようなことを考えてしまいがちですが、決してそんなことはありません。

県大会で優勝したとか、学生時代に起業したとか、公共的な活動で成果を上げているとか、そんな人は一握りであり、ほとんどの人は、サークル、アルバイト、ゼミくらいのものでそこまで大したことはやっていません。

それでも人気の大手企業の内定を獲得している人達はたくさんいます。

何をやったのかということは大事なことではありますが、それがありきたりのものであっても、そこから何を見出しているのか、どのように考えているのかという深い思考が見えれば大丈夫です。

誰もがやっているようなアルバイトであっても、その中から小さな改善が見つけられたり、働き方について考えられる、価値観の変化等が起こったことを見せられれば、大きな武器になります。

企業側は別に凄い実績を残した人が欲しいのではなく、会社内でチームワークで上手く働ける人、しっかりと仕事ができる人が欲しいということです。

過去の経験が凄いものでなくても、就活で上手くいく方法はたくさんあるのです。

企業への熱意はこれからでもできるもの

企業側が欲しい人材の能力というのものもありますが、前提としてその企業に入りたいと思っている人を採用したいものです。

企業への熱意というのは人によって違っていて、なんとなく受けにきたという人もいれば、かなり深いところまで研究してきましたという人もいます。

経験値はそこまで多くないという人であれば本気で企業のことを研究してくる人であれば採用したいという気持ちにもなるものです。
面接でもどこまで研究しているのかということは差がついてくるものですし、これは過去の実績とは関係なく行うことができます。

企業へ熱意部分で差をつけていく勝負というのは十分可能なことなのです。

参考になる情報は?

就活に関しては今では参考になるような情報は多く出てきています。

昔と違いインターネット上でも有用な情報が出てくるようになりました。
実際に就活で実績を出した人の声も多く掲載されているものもあります。

ただこのような情報の中には正しくないようなものもありますし、情報は多くなってきた分取捨選択が大事になってきているともいえます。

またネット上で情報を取るだけではなく、就活イベントに参加したり、就活エージェントを利用して紹介を受けるというような就活方法も出てきています。

一つの方法だけにこだわらずさまざまな方法を試してみることが大事だと考えます。

こちらのサイトでも就活についての詳しい情報がまとめてあります。
就活を上手く成功させたいと考えている人はぜひチェックをしてみてください。

→新卒の就活を勝ち抜く方法

タイトルとURLをコピーしました